ポラリスとパナソニック、IoT・AIを活用した要介護高齢者向け「短期滞在型自立支援サービス」提供開始

全国で自立支援特化型の通所介護施設(デイサービス)を運営するポラリスとパナソニックは、10月1日から、要介護高齢者向けに、リーガロイヤルホテル(大阪)で、IoT・AI技術を活用した短期滞在型の自立支援サービスを開始する。

ポラリスは創業から高齢者の要介護度の改善に取り組み、その結果7年間に2606名の介護度が改善され、介護保険を全く使わずに自立生活が送れるようになった人は516名にのぼる。こうした実績をもつポラリスの自立支援ノウハウと、介護施設向け介護業務支援サービス「ライフレンズ」で培ったパナソニックのIoT・AI技術を融合し、リゾート地やホテルに滞在して短期集中で効果的に要介護高齢者を元気にする新しい介護サービスを展開する。

ポラリスおよびパナソニックは、2018年2月から自立支援介護プラットフォームの共同開発を実施し、実証してきた。今回、ウェアラブル機器やモバイル端末を用いて、直接対面をしなくても、リモート環境で高齢者の状態を把握できるリモートアセスメントシステムを共同開発。本システムは、高齢者の状態を定量的かつ迅速に、リモートでも収集ができるため、自立支援介護の高位平準化を可能にする。

本システムをポラリスのデイサービス事業拠点で検証を行い、直接対面なしで、リハビリプランを策定するためのアセスメント・予後予測を遠隔で実現できることを確認できた。検証結果に基づき、本システムを活用した新たな短期滞在型自立支援サービスをリーガロイヤルホテル(大阪)で開始する。

本サービスでは、リゾート地などに短期滞在しリラックスしながら、一人ひとりに最適な健康管理やケアプランにあわせたリハビリを行うことができる。また、コロナ禍等で自宅に閉じこもりがちな高齢者の廃用症候群を改善することもできる。高齢者が元気になり、社会保障費の削減にも繋がるという。

今後、本サービスは国内外の様々なホテルやリゾート地にて展開。また、短期滞在帰宅後のコンシェルジュサービスを充実させ、自宅でも自立状態を維持するためのリハビリができる仕組みを構築していく。さらに、ポラリス自立支援ノウハウAI化においては更なるシステムアップを行い、一般普及も目指していくという。

関連URL

パナソニック
リーガロイヤル(大阪)
ポラリス

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る