アディッシュ、AI学習アノテーションプラットフォームを展開するAPTOと業務連携

テクノロジーやサービスの新領域で、戦略的カスタマーサポート、投稿・リスクモニタリング、ネットいじめ対策などソーシャルグッドなカスタマーリレーション事業を展開するアディッシュは14日、APTOが提供するアノテーションプラットフォーム「harBest」を活用したアノテーションに関するソリューションサービスの提供を開始すると発表した。

AIサービスが生活シーンにおいて拡大する中、AIの教師データとなるアノテーション(データのタグ付け)データ作成は、AIの性能に大きな影響を与える重要な要素だが、非常に多くの人の介入が必要となるケースが多く、AI開発のコストが上がることでビジネスに大きな影響を与えている。

アディッシュは2020年からアノテーション支援業務を開始。アディッシュのアノテーション業務は、目視のプロフェッショナルであるアノテーターが行う。インターネットモニタリング業務で培われた豊富な経験と知見をもとに、迅速な判断で的確なアノテーションを実施、高い品質を提供しているという。

一方で、昨今のAIサービスの拡大により効率化および更なる品質向上が課題となっている。

APTOはサブスクリプションサービスとして品質の自動評価を行いながら複数人で効率的にアノテーション作業が行えるプラットフォーム「harBest for Data」、AI専門家でなくてもAI開発がノーコードで可能なプラットフォーム「harBest for MLOps」、AI導入によるビジネス効果を評価することができる「harBest for Manage」を提供している。

今回の業務連携により、効率化をはかりながら品質を向上し、クライアントの要望に沿ったタイミングでデータを提供することが可能になるという。

アノテーションはAIエンジンの学習データ構築だけでなく、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向けたデータ整理にも有効。同社では、アノテーションサービスを通して、効率的・効果的なAI構築、DX推進に寄与できるよう、事業を推進していくとしている。

関連URL

アディッシュ アノテーション代行サービス

APTO

アディッシュ

関連記事

注目記事

  1. 2022-5-17

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る