ジャパンアグリサービス福島教習所、農薬・肥料散布講習応援キャンペーン開催

UTC農業ドローン協議会から指定を受けた教習施設として、農業ドローンオペレーターの育成・機体販売・メンテナンスを行っているジャパンアグリサービス福島教習所(運営:スペースワン)は18日、農薬・肥料散布講習について7月1日から受講応援キャンペーンを開催すると発表した。

インプレス総合研究所によると、農業分野の市場規模は2021年に398億円に拡大する見込みで、昨年度から比較すると点検分野に次ぐ安定した市場形成が進んでいる。これはドローン活用による効果が明確化し、現場実装の段階に来ていることを示したもので、農業従事者を始めとする多くの人からも農業ドローンに関する問合せがあるという。

ジャパンアグリサービス福島教習所では、DJI社のAGRAS MG-1シリーズの導入サポートと安全運用のための講習を行っていまる。初心者は5日間で、遠隔操作と自動航行についてそれぞれ座学・実技を学ぶ。修了するとUTC農業ドローンオペレーターライセンスを取得でき、航空法における「危険物輸送・物件投下」等についての許可承認書の交付を受けることが出来る。

同教習所では、農業従事者を中心に幅広く受講され、特に女性オペレーターの増加が非常に良い傾向で、ますます農業ドローンの導入が進んでいくことが期待されている。

期間限定の受講応援キャンペーンでは、2021年7月1日~8月31日までの申込者に、安定した飛行で高い人気を誇るRyze Tech社のトイドローン「TELLO」をプレゼント。自宅練習用に最適だという。

また、毎週無料説明会を行っており、オンラインでも開催している。

関連URL

農薬・肥料散布講習 スクールHP

無料説明会申込ページ

スペースワン

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る