IoT/AI遠隔点検サービスのLiLz、全固体電池内蔵の新型ルーターを提供開始

IoT/AI遠隔点検サービス提供のLiLzは29日、LiLz Gaugeに対応するBraveridge製の全固体電池内蔵新型ルーター(BBLTR1-AP)を7月から正式提供開始すると発表した。

LiLz Gaugeは、ビル管理・発電所・化学プラント・公共施設・ガス・産業機器・上下水プラント・商業施設などあらゆる業界の目視点検に導入されており、今回の新型ルーターにより過酷な低温・高温環境下でもIoTカメラLiLz Camに対して任意タイミングでの遠隔撮影が可能になるという。

新型ルーター「BBLTR1-AP」は、停電用内蔵バッテリーに全固体電池を採用することで、過酷な環境下での連続動作を実現した。停電用内蔵バッテリーがある理由は、施設における瞬停時にもデータを欠損することなく安定的に通信させることが目的。新型ルーターの内蔵バッテリー容量は350mAhで、停電時はAC電源供給なしでおおよそ3時間動作(高画質を1日24回Uplinkした場合の参考値)することができる。動作温度範囲が-15℃〜60℃と強化されたため、高温のボイラー室や冷房・暖房のない施設などにも設置することができる。

LiLz Gaugeにおけるルーターの役割は、主にパソコンやタブレットなどからLiLz Camに対して任意のタイミングで遠隔撮影指示ができるようになる点(LiLz Cam-BLEの場合は画像データのUplinkも経由する)。ルーターは、LiLz Camの近く10-30m程度(遮蔽環境などによって増減する)に設置するだけ。今回の新型ルーター提供により設置位置の自由度がより高まり、遠隔撮影指示可能エリアが広がることが期待される。

関連URL

LiLz Gaugeの問い合わせ

LiLz

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る