オルツ、ビデオ会議にリアルタイムで翻訳字幕を表示できる「AI翻訳」をリリース

デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは21日、ビデオ会議にリアルタイムで翻訳字幕を表示できる「AI翻訳」をリリースしたと発表した。

昨今のリモートワークと各社のビデオ会議システムの急速な普及により、グローバルな人と人との繋がりが、これまでにない拡がりを見せている。

それに呼応するように、同社においても機械翻訳の問い合わせが増えているが、機械翻訳の精度の目覚ましい向上を活かせるようなインターフェイスを備えたサービスが見当たらない状況だという。

この課題を解決するため、同社の新サービスとして「AI翻訳(エーアイホンヤク )」をリリースした。

「AI翻訳」は、利用者がマイクに向かって話した言葉を即座にテキスト化し、任意の言語に翻訳した上で、ビデオ会議の映像上に字幕として表示するサービス。話し終えてから、映像に字幕が表示されるまでの速度は、最速2秒(ネットワークなどの環境により幅があります)となっているため、スムーズなコミュニケーションが可能だという。

対応言語は30カ国語以上で、話す言語と翻訳先言語を自由に変更できる。

リリース時点において対応する会議システムはZoomのみだが、順次他会議システムに対応していくという。 利用料は無料(対応ブラウザはGoogle Chrome)。

関連URL

「AI翻訳」

オルツ

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る