芝浦工業大学、AIが簡易アンケートでCM視聴者の脳反応の個人差を予測

芝浦工業大学は20日、同学工学部情報工学科の新熊亮一教授、情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター(CiNet)の西田知史主任研究員、西本伸志特別招へい研究員らの研究グループがNTTデータと共同で、簡単なアンケートの回答からCMを視聴中に脳が反応するパターンの個人差(類似度)を予測することに成功ましたと発表した。この成果は工学分野でトップクラスのジャーナルの「IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics: Systems」に、7月16日に掲載された。

CM(コマーシャル、ここでは特にその映像)が個々の視聴者に与える好感度などを予測できれば、効果的なマーケティングが実現できる。一方でCMに対して視聴者が好感を持ったかなど、どのような影響を与えたかの直接的な効果測定は困難。

視聴者Aの脳反応と、あるCMに興味を示した視聴者Bの脳反応との類似度が高ければ、AはBと同じCMに同様の興味を示すことが予測できる。

この研究ではその類似度の予測を、5~10問程度の簡単なアンケートの回答に機械学習を用いることで可能にした。簡単なアンケートで回答者それぞれの脳反応を予測できるため、モニターなど協力者の負担、さらにはモニタリングコストを大幅に減らすことができる。

NICT CiNetで導入しているMRI装置(左)とスキャンした結果から推定した脳の活動状態(右)

■論文情報
1.論文名/Reduction of information collection cost for inferring brain model relations from profile information using machine learning
掲載誌/IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics: Systems
DOI: 10.1109/TSMC.2021.3074069

2.論文名/Relational network of people constructed on the basis of similarity of brain activities
掲載誌/IEEE Access, vol. 7, pp. 110 258-110 266, 2019.

関連URL

芝浦工業大学

関連記事

注目記事

  1. 2022-12-27

    ユビタス、Smart Surgery社の医療ロボットの手術トレーニングにVRストリーミング技術を提供

    ユビタスは22日、クラウドゲームとメタバース関連のソリューションを提供し、Smart Surgery…
  2. 2022-12-19

    テクノスピーチ、AI歌唱ソフト「VoiSona」で新規ボイスライブラリを発売

    テクノスピーチは19日、最新のAI技術で人間の歌声をリアルに再現する音声創作ソフトウェア、「VoiS…
  3. 2022-12-14

    アルバルク東京、AIバスケットボールロボット 第六世代「CUE6」を24日お披露目

    アルバルク東京は13日、AIバスケットボールロボットの第六世代「CUE6」を、12月24日にアリーナ…
  4. 2022-12-13

    エフィシエント、AI面接練習アプリsteachに「伝わりやすさ」を解析する新機能が追加

    エフィシエント(EFFICIENT)と、就職支援事業を展開するジェイックが共同開発する面接練習アプリ…
  5. 2022-12-8

    North Hand、AI画像解析技術で介護施設利用者の事故対処する「N-SYSTEM-ai」提供開始

    現場からの声を元にした介護記録システム等の開発を手掛けるNorth Hand(ノースハンド)は8日、…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る