電通デジタル、AI活用し自然対話を実現するチャットボット「Kiku-Hana for LINE」提供開始

電通デジタルと電通は26日、LINE公式アカウントでAIチャットボットを活用し、顧客との会話をより自然な会話へと高度化することで、顧客一人ひとりに寄り添った1to1コミュニケーションを可能にする「Kiku-Hana for LINE」を企業向けに提供開始したと発表した。これにより、LINE公式アカウントでのマーケティング活動を活性化させ、新規顧客獲得・育成を支援する。

このサービスは電通が提供するAI自然対話エンジン「Kiku-Hana(キクハナ)」と、LINEが提供するMessaging APIを活用し、LINE公式アカウントで多様なコミュニケーションを可能にするサービス「BOT BOOSTaR(ボットブースター)」が連携することで実現した。

電通が2018年に独自開発した「Kiku-Hana」は、自然言語解析や理解、推論などに最適な論理型プログラミング言語AZ-Prologを採用し、これまで難しいとされてきた「日本語の意味」を解析することで、少ない学習量でもユーザーが求める人間的な会話、情報提供を可能にする。この「Kiku-Hana」を、電通デジタルが開発した、チャットコマースやデザイン性の高いメッセージ表現、データに基づいたセグメント配信などLINE公式アカウントに高度な機能を追加できるサービス「BOT BOOSTaR」と連携させることによって、「Kiku-Hana for LINE」ではLINE公式アカウント上でこれまで以上に高度な顧客コミュニケーションを設計・実装することが可能になったという。

例えば、顧客一人ひとりとの自然対話が可能になることはもちろん、その自然対話にあわせてチャットコマースに誘導する機能や、顧客の属性や対話の内容を分析し顧客の嗜好に合った複数のコンテンツをセグメント配信するなど、自然対話をきっかけとした1to1のマーケティング活動が可能になる。

また、2021年7月26日に電通がリリースした、AIチャットボットによる対話形式で生活者インサイトを自動で深堀りする調査ソリューション「Smart Interviewer(β版)(スマートインタビュアー)」機能も「Kiku-Hana for LINE」で活用することが可能になる。これにより、LINE公式アカウントの顧客を対象にしたマーケティング調査はもちろんのこと、AIチャットボットによる顧客一人ひとりのニーズの深掘り、その深掘りしたニーズにあわせたメッセージ返答やレコメンドなど、CRM領域での幅広い応用が期待される。

関連URL

電通デジタル

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る