オルツ、富士コンピュータと「AI GIJIROKU」でパートナーシップ締結

デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは14日、富士コンピュータと、オルツの提供する会議議事録の自動文字起こしツール「AI GIJIROKU(AI議事録)」の販売パートナーシップを締結したと発表した。

富士コンピュータは、Webシステム開発、ソフトウェア技術者の派遣等を中心に、システム開発に40年以上の歴史をもつ企業。

この度の提携では、富士コンピュータが培ってきた関西圏を中心とした、自治体、医療業界、教育業界や介護業界との強固なリレーションに対し、オルツの業界特化型高精度音声認識エンジンを搭載した「AI GIJIROKU」の普及を促進する。

この取り組みで、地域企業の業務効率化をサポートし、オルツが目指す「スマート・ミーティング」の理想を実現する。

組織における従業員一人ひとりの生産性向上は、取り組むべき最も重要な課題の一つ。オルツの研究チームはAI関連技術を活用することで、従来、録音音声の書き起こしや手書きメモを手入力することが基本であった議事録を、リアルタイムにテキスト化する「AI GIJIROKU」を開発した。オルツでは効率化された会議を「スマート・ミーティング」と定義し、会議の可視化だけでなく最適な社員の働き方について具体的なソリューションを提供し、また、昨今の重要な課題であるリモートワーク対応など、社会課題の解決に貢献していく。「AI GIJIROKU」の利用者はこれまでに4000社を超え、幅広いシーンで活用されている。

AI GIJIROKU 無料ウェビナー情報

開催日時:6月22日 (水) 14:00~15:00
開催方法:無料オンラインセミナー ※Zoomを使用。
概要: AI GIJIROKUの使い方徹底解説ウェビナー!
「よくいただくご質問・疑問にお答えします!」(初心者向けウェビナー)

参加申し込み

関連URL

「AI GIJIROKU(AI議事録)」
オルツ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る