AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、英文契約書自動レビュー導入企業150社突破

LegalForceは28日、同社が提供するAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」において、オプションサービスとして提供している英文契約書のレビュー機能を導入する企業が150社を突破したと発表した。英文契約書のレビュー類型については12類型を提供している。

「LegalForce」へWord、又はPDFの契約書をアップロードし、自社の立場を選択すると、立場に応じて、AIが契約書のリスクや抜け漏れを瞬時に指摘し、修正文例と解説を表示する。英文契約書における指摘は「日本語」で提示され、修正文例は「英語」及び「参考和訳」が表示される。

製造業や医薬品メーカーなど海外展開をしている顧客中心に、瞬時にレビューできること、英文での修正文例と、解説が提示されることについて評価され、また費用対効果の観点からも有用性を感じて導入されている。

英文契約書 自動レビュー対応類型一覧
●秘密保持契約書(Non-Disclosure Agreement)
●基本合意書(Letter of Intent, Memorandum of Understanding)
●業務委託契約(成果物なし)(Service Agreement)
●業務委託契約(成果物あり)(Service Agreement with Deliverable)
●コンサルティング契約(Consulting Agreement)
●取引基本契約(売買)(Master Purchase and Sale Agreement)
●売買契約(Purchase of Goods Agreement)
●販売代理店契約(販売店型)(Distributorship Agreement)
●ソフトウェアライセンス契約(Software License Agreement)
●一般条項(Boilerplate Clause)
●英文事業所賃貸借契約(Office Lease Agreement)
●英文共同研究開発契約(Joint Reserch and Development Agreement)

なお、「LegalForce」で自動レビューが可能な契約類型は45類型(英文契約書12類型)。また契約書ひな形も590類型提供しており、うち英文契約書ひな形は109類型となる。今後も対応類型の充実に努めていくという。

関連URL

「LegalForce」

「LegalForceキャビネ」

LegalForce

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る