『AI分析でわかった トップ5%リーダーの習慣』8月20日発売

ディスカヴァー・トゥエンティワンは、8月20日に『AI分析でわかった トップ5%リーダーの習慣』(越川慎司・著)を刊行する。7万部を突破した『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』に続く、待望の新刊。価格は、1650円(税込)。

2020年9月に発売されて以降話題を呼び、7万部を突破した『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』。働き方改革が始まり、「残業できない」「仕事が終わらない」「人が足りない」と悩んでいるビジネスパーソンに「効率よく成果を出す方法」を紹介する1冊として好評だという。

この『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』の第2弾として、『AI分析でわかった トップ5%リーダーの習慣』を8月に刊行することが決定した。

本書では、AIが導き出した、成果を出すリーダーの「共通点」を紹介。1万8000人のビジネスパーソンのデータを基にしているので、これからの時代・人にピッタリな「リーダーの正解」がわかる血の通った1冊だという。

 フリーランスでの活動が一般化してきたり、会社組織での上下関係や肩書きに縛られない働き方がでてきたり、ビジネスの場面においては特に、個人の能力や自律が重視されるようになった。

しかし、リーダーは「個」で完結することはできない。チームや組織の成功のため、リーダーにはリーダーのあり方があり、そして、そのあり方は時代の移りかわりに伴ってアップデートしていく必要がある。

そこで本書では、トップ5%リーダーの行動原則を導くにあたり、一般提供されているITサービス、AIサービスを活用し、複合的に組み合わせてさまざまな種類の解析を行った。
コロナ禍でありながら、27社の協力のもと、管理職の中でトップ5%の1841人、それ以外の管理職1715名の、計1400時間以上に渡る行動履歴を取得し、AIで分析。同時に、一般管理職や一般社員、トップ5%社員の特徴も抽出し、それぞれの違いを明確にした。

そうして導き出された、「トップ5%リーダー」の経験値やスキルを、普遍的なビジネススキルとして本書にまとめた。

本書の購入
Amazon
楽天ブックス

関連URL

ディスカヴァー・トゥエンティワン

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る