AIポータルメディア「AIsmiley」、異常検知AIカオスマップを公開

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは23日、異常検知関連サービスをまとめた「異常検知AIカオスマップ」を公開した。掲載数は合計で70サービス。

異常検知AIとは大量のデータのうち、大多数のデータと異なる値を検出するAI技術。工場で出荷する製品に不良品が紛れていないかを経験者の目視検査の計測値や製品画像の特徴を機械に学習させて自動化する外観検査の事例などが挙げられる。

製造業だけでなくクレジットカードの不正チェックなどのセキュリティ強化、防犯カメラ映像の自動解析、ドローンが撮影した画像から送電線の異常を検出するなど異常検知AIは様々な分野で活用され始めている。

これまでAIsmileyでは、異常検知AI導入を検討している企業に向け、製造業向けのAIソリューション導入事例をまとめた「製造業向けAIソリューション事例ガイド」などのeBookを提供してきた。今回の異常検知AIカオスマップも各社の公開情報を基にAIsmileyが独自の主点で取りまとめたもので、国内で利用可能な異常検知AIサービスのうち、主要なものを6分野に分類し、70種類のサービスを一覧化し、マッピングを行った。

このカオスマップでは、ユーザー視点に着目し、導入の目的や課題から異常検知AIを探せるように「画像」「時系列データ」の2つに大別した。

さらに「画像」では、食品や素材の傷をチェックする目視検査などを自動化する「外観検査」、CTやMRIなどの医療画像から腫瘍などを検出する「医療診断」、ドローンが撮影した画像をAIが診断する「設備点検」と3つに分類。「時系列データ」は「センサーデータ」を分析するAI、機械音や電話などの音声を解析する「異音検知」、「監視カメラ」の映像の異常を検知するAIの3つに分かれる。

2021年現在の日本国内における主要異常検知AIサービスを導入の目的・課題別に俯瞰できる唯一のカオスマップだという。

異常検知AIカオスマップの入手方法
異常検知AIカオスマップ希望者は、以下の問い合わせフォームに必要事項記入の上、お問い合わせ内容欄に「異常検知AIカオスマップ」と記載し送信する。

問い合わせフォーム

関連URL

アイスマイリー

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る