大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。

著者の松井龍哉氏は世界のロボットデザインを牽引するロボットデザイナー。開発したロボット「Posy(ポージー)」は野村不動産の開発プロジェクトのイメージキャラクターにもなっている。2020年、COVID-19の鎮静への願いを込めて美術作品を世界遺産の平等院へ奉納する、「平等院奉納プロジェクト」にも携わっている。

本書では、「人の生活を豊かにするロボット」を目指してきた著者の半生を通じて、ロボットデザイン・開発の本質を思索する。まだ社会に浸透していないロボットを仕事にすることに決め、「ロボットデザイナー」という仕事そのものを創り活動してきた松井龍哉氏の20年間。これまで携わってきたロボットの開発秘話や、チーム運営、プロモーション、起業など、これから社会に出る人や、新しい仕事を創造しようとしている人にとってのヒントが詰まっているという。

【目次】
序章 ロボットを〝デザイン〟するということ
第1章 ロボットの世界に〝デザイン〟の思想を持ち込む
第2章 優しさに包まれたなら
第3章 フォーブ:知能化した機械の動形美
第4章 同一性と動的関係性のデザイン――ロボット作品と展覧会
第5章 Posy――詩学としてのロボット
第6章 Patin――ロボットを実現させる組織・事業デザインのダイナミズム
第7章 次の世界をデザインするということ

【書籍概要】
書名:優しいロボット
著者:松井龍哉
出版年月日:2021年9月18日
判型・ページ数: 四六判・296ページ
定価:2090円(税込)
詳細 

関連URL

大和書房

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る