AI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」、契約書情報の読み取り精度をアップデート

LegalForceは17日、同社が提供するAI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」で、契約書にある収入印紙の不要情報を認識して読み取りを排除し、より正確な情報抽出が可能になったと発表した。

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」は、アップロードされた契約書のPDFファイルから自動で契約の本文情報を抽出する。この機能には画像データを文字データに変換する光学文字認識(Optical Character Recognition; OCR)を利用している。OCRでは契約書の本文を読み取る際に、添付された収入印紙に記載された文字などがノイズになることが課題だった。

今回のアップデートにより収入印紙を検知して読み取りをせず、必要な情報のみを抽出することができるようになった。

検索や、情報抽出の土台となるテキスト情報への変換の精度が向上することで、サービスの利便性が向上することが期待される。

LegalForceでは、今後も弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行っていくという。

関連URL

「LegalForceキャビネ」

LegalForce

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る