AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」ユーザー一括追加機能を追加

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供するLegalForceは21日、新機能として、利用ユーザーを一括で1000名までアップロードできる「ユーザー一括追加機能」を追加したと発表した。これにより、関係者による契約管理や契約書の閲覧がさらに便利になるという。

これまで「LegalForceキャビネ」に新たにユーザーを追加する際は、氏名やメールアドレス、管理権限などの必要事項を一人ひとり入力する必要があった。登録するユーザーが多数の場合、工数の膨張や、誤記などの課題があった。

「一括追加機能」は、これらの課題を解決します。CSVファイルにユーザー名、メールアドレス、管理権限の必須事項と、契約書閲覧権限の付与、共有する契約書グループを入力してアップロードすることで、細かな設定も含めて一度で完了できる。また、追加されたユーザーには利用案内メールが届きく。

管理者は閲覧できる契約書をユーザーごとに制限する必要があるが、「一括追加機能」を利用する場合、ユーザーごとの契約書グループの共有設定を都度登録する手間がなくなり、内部統制と効率的な契約管理が両立可能となる。

関連URL

「LegalForceキャビネ」
LegalForce

関連記事

注目記事

  1. 2022-9-13

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る