エイシング、エッジAIモデル構築の開発環境 「AiiR Cloud β版」をリリース

エッジAIアルゴリズムを開発・提供するエイシングは14日、AIモデルを構築するための開発環境「AiiR Cloud β版(エアー・クラウド・ベータ版)」をモニター企業へ順次展開を開始すると発表したす。

「AiiR Cloud β版」では、ARM社のCortex-M0でも動作する独自の超軽量エッジAIアルゴリズム「MST(メモリー・セービング・ツリー)」が試用可能。ユーザー企業の社内で手軽にエッジAIモデルを構築することで、性能評価やエッジAI活用のイメージの具体化に寄与するという。

エイシングは、独自AIアルゴリズムの秘匿化のため、これまではエイシング側でAIモデルを構築していた。しかし、DX、AIへの取り組みが加速する中で、AIの開発会社でなくともAI開発が出来る環境も整いつつある。自社内で直接AIモデル構築を試みたい、という相談もあるという。

そこでエイシングは、エッジAIアルゴリズムの開発・提供のリーディングカンパニーとして、時代のニーズに合わせてAI開発の普及や利用促進を図りたく、「AiiR Cloud β版」をリリースする。「AiiR Cloud β版」では、「MST」の3つの特徴①軽量かつ高速②高精度➂更新性をWebブラウザ上で試せる。Pythonユーザーに慣れ親しまれているJupyterHub上で、ライブラリを呼び出す感覚で「MST」を使うことが出来る。

AIモデルを構築した後は、エッジ(実機)での検証作業段階に移る。その際は、エイシングが2021年5月に発表した「AiiR-M1モジュール」も利用できる。同モジュールは、直接パソコンに繋いで簡単に利用できる。さらに、接続方式にはUSB以外にもUARTを選択可能で導入検証作業を快適に進められるようになっている。

エイシングでは、「AiiR Cloud β版」の提供開始に伴い、モニター企業を10社限定で募集している。モニター企業については、エントリーの上、厳正な審査に基づいて決定する。

関連URL

「AiiR-M1モジュール」
エイシング

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る