AI活用において60%以上の企業が概念実証に留まる=アクセンチュア最新調査

アクセンチュアのグローバル最新調査によると、AIを導入する企業の大多数が概念実証段階に留まり、AIを競争優位性につなげられている企業はわずか12%であることが明らかになった。

調査レポート「『AI活用浸透』の極意:実践から成果へ」では、AI活用浸透度を測定するフレームワークを用いて、AIを効果的に活用する方法を紹介している。このフレームワークには、企業のAI活用浸透度を0~100の数値で総合的に評価する指標が盛り込まれている。AI活用浸透度とは、AIに関する基礎的な能力、および他社と差別化を図れる能力の両面から、市場における競争優位性の度合いを表している。これらの能力には、データ、AI、クラウドなどのテクノロジーに加え、組織戦略、責任あるAIへの対応、経営層のコミットメント、人材、企業文化が含まれる。

本調査によるとAI活用浸透度の中央値は36で、大半の企業はAIを活用してより高い価値を生み出す余地が大きいことが明らかになった。また、上位12%の企業はAI活用先進企業に分類され、AIをテコに競合他社を圧倒していることが分かった。AI活用先進企業のスコアは64と調査対象全体のほぼ2倍で、収益成長率も50%高い結果だった。

63%の企業はAI 実証企業に分類される。AI活用浸透度は29で、AIが持つ潜在力の表層部分しか享受できていないことが分かった。AI戦略先行企業(全体の13%、AI活用浸透度50)とAI運用先行企業(全体の12%、AI活用浸透度44)は、AI 実証企業に比べ取り組みが進んでいるものの、まだ改善の余地があるという。

調査レポート「『AI活用浸透』の極意:実践から成果へ」

関連URL

「AIサービス」
アクセンチュア

関連記事

注目記事

  1. 2023-2-8

    ハタケホットケ、GPS搭載自動運転型の除草ロボット「ミズニゴール2.0」開発中

    テクノロジーを通じて農業の自動化と楽しさ向上を目指すハタケホットケは、重労働と環境負荷を削減する小規…
  2. 2022-12-27

    ユビタス、Smart Surgery社の医療ロボットの手術トレーニングにVRストリーミング技術を提供

    ユビタスは22日、クラウドゲームとメタバース関連のソリューションを提供し、Smart Surgery…
  3. 2022-12-19

    テクノスピーチ、AI歌唱ソフト「VoiSona」で新規ボイスライブラリを発売

    テクノスピーチは19日、最新のAI技術で人間の歌声をリアルに再現する音声創作ソフトウェア、「VoiS…
  4. 2022-12-14

    アルバルク東京、AIバスケットボールロボット 第六世代「CUE6」を24日お披露目

    アルバルク東京は13日、AIバスケットボールロボットの第六世代「CUE6」を、12月24日にアリーナ…
  5. 2022-12-13

    エフィシエント、AI面接練習アプリsteachに「伝わりやすさ」を解析する新機能が追加

    エフィシエント(EFFICIENT)と、就職支援事業を展開するジェイックが共同開発する面接練習アプリ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る