GA-ASI、海上保安庁の遠隔操作無人機の飛行実証を日本で実施

遠隔操縦無人機(RPA)システムの大手メーカー、米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems、Inc.=GA-ASI)は7日、航空測量事業を行うアジア航測と提携し、海上保安庁向けに遠隔操縦無人機SeaGuardian(シーガーディアン)の飛行実証を9月中旬から青森県八戸市にて実施すると発表した。

今回の飛行実証は「海上保安体制強化に関する方針」に基づき、広域の海洋監視が伴う海上保安庁の業務(捜索救助や災害対応、海上法執行活動等)におけるRPAシステムの有効性を検証する。本飛行実証は、海上自衛隊八戸航空基地による支援の下、約2カ月間行われる予定。

シーガーディアンのシステムは主に、逆合成開口レーダー(ISAR)イメージングモードを備えたマルチモード海洋表面探査レーダー、AIS(自動船舶識別装置)情報の受信機、光学カメラと赤外線カメラを搭載した高精細のフルモーションビデオセンサーなどで構成されている。シーガーディアンは、これらのセンサー技術を活用することによって、数千平方海里上の船舶の情報をリアルタイムで検出し、識別することが可能。また、搭載するレイセオン製のSeaVue海洋表面探査レーダーは、船舶ターゲットの連続追跡に加えて、AISトランスミッターのレーダー追跡と連動する。

シーガーディアンは、どのような天候においてもその能力を発揮するだけではなく、NATOの耐空性要件(STANAG)を満たした型式認証を取得することで、遠隔操縦無人機市場の活性化に貢献している。GA-ASIでは、これらの特長や運用実績のある衝突回避レーダーを活用することで、民間空域における遠隔操縦無人機の柔軟な運用を可能にしているとしている。

関連URL

GA-ASI

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-24

    amulapo、VRやAR、AIの技術を用いた「バーチャル宇宙飛行士選抜試験」先行予約を開始

    宇宙の体験をつくる技術集団のamulapo(アミュラポ)は2020年度「いばらき宇宙ビジネス事業化実…
  2. 2021-6-22

    医療相談アプリ「LEBER」、「新型コロナワクチンの副反応」に関する機能提供を開始

    リーバーは22日、医療相談アプリ「LEBER」(リーバー)に「新型コロナワクチンの副反応」を相談する…
  3. 2021-6-21

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX、「HarvestX Lab」設立

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestXは21日、アントレプレナーラボ(東京大学 …
  4. 2021-6-18

    MiR、新しい台車牽引ソリューションを発売 内部輸送の自動化を促進

    自律型モバイルロボット(AMR)で世界市場をリードするモバイル・インダストリアル・ロボット(MiR)…
  5. 2021-6-16

    WHILL、慶應義塾大学病院で自動運転モビリティサービスの実証実験エリアが2階に拡張

    WHILLは16日、慶應義塾大学病院で2020年9月から進めている外来受診の患者を目的地まで自動運転…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る