レノボ、エッジコンピューティング専用端末「ThinkEdge SE70」を発表

レノボ・ジャパンは28日、エッジコンピューティング専用端末「ThinkEdge SE70」を発表した。

現在、エッジコンピューティングにおけるエッジAIの注目度が向上している。顔の識別をはじめ、個人装備の確認、人口密度の測定、交通監視などコンピュータービジョンを主導に用途が拡大。今後、製造業の監視や管理、自動運転、公共安全システム、農業フィールド監視、小売店舗内のリコメンドなどにおいて、ますますの需要拡大が予想されている。こうした市場の広がりに対応するため、レノボは画像の処理能力に優れた「ThinkEdge SE70」を発表。エッジコンピューティング用デバイスのラインアップを拡充した。

「ThinkEdge SE70」は、約1.6Lサイズの筐体にNVIDIA Jetson Xavier NXを搭載。高解像度データの分析処理に優れ、監視カメラや公共セキュリティ、生産ラインの監視・管理、スマートリテールなどの用途に適している。70×45mmのモジュールに、CPUとGPU、そして8GBメモリ、16GB eMMCを内蔵している。

さらにエッジ側でデータを蓄積するために、ストレージは最大2TBのSSDまで増設可能。OSはUbuntu Desktopをプリインストールし、PoEポートを2つ装備。PoEは最大100mまで給電通信が行え、1台に複数台のAIカメラを接続できるため、初期導入コストを抑えることができる。

また、オンプレミスでも利用できるAWS Panorama クラウドプラットフォームを認証済み(一部の構成のみ)。機械学習やソフトウェア開発キットが含まれているため、データ収集や分析、システム構築の手間を軽減できる。既存のカメラ群と統合でき、ミリ単位で動画の分析が可能。さらにローカルでも稼働でき、都度クラウドにデータを上げる必要がなく、ネットワークの負担を低減する。その他、-20〜60℃の稼働温度、24時間365日の連続稼働、IP51相当の防塵・防滴機能を備え、通信方式は有線LAN、Wi-Fi、Bluetoothとなっている。

販売価格は、29万7000円(税込)から。

関連URL

「ThinkEdge SE70」
レノボ・ジャパン

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る