AI inside、実践型AI人材育成プログラム「AI Growth Program」を提供開始

「世界中の人・物にAIを届け、豊かな未来社会に貢献する」をミッションに掲げ、AIプラットフォームを提供するAI insideは29日、実践型AI人材育成プログラム「AI Growth Program」を提供開始することを発表した。

「AI Growth Program」は、ビジネス創出ができる次世代のAI人材育成を支援するプログラム。あらゆる企業・団体を対象に、社内人材をAI人材に転換するリスキリングにより「AI活用の内製力」を培うことで人材基盤を抜本的に強化し、社内のデータ・ナレッジを活かしたAIビジネスの創出や既存ビジネスの価値向上、ビジネス変革を生み出すAI内製化の実現に貢献する。

近年、デジタルシフトが加速し、様々な変化により社会が再構築されるなか、企業は「社会的な存在価値」が問われる時代となっている。それに応えるべく、新たな価値創出としての事業開発や既存事業の高付加価値化が求められ、ビジネス変革を実現する手段として「内製化」に注目が集まっている。

一方で、ビジネス変革を実現するには、それを実行するAI/IT人材の存在が必要不可欠。経済産業省の調査報告書によると、2030年までにIT人材に対する需要が供給を大幅に上回り、およそ79万人の需給ギャップが生まれると推計されており、多くの企業・団体でもAI人材の獲得が課題となっている。そこで、デジタル時代のスキル再開発として「リスキリング(学び直し)」による既存人員の高度人材化を、新たな人事戦略と位置付け推進する企業が増加している。これらの社会的背景を踏まえて、実践型AI人材育成プログラム「AI Growth Program」の提供開始に至ったという。

AI inside は、本プログラムを通じたAI人材の輩出により、企業・団体のビジネス変革を支援するだけでなく、AI人材により生み出されたAI・インテリジェンスの社会浸透を通じて人類が抱えるあらゆる課題の解決に貢献し、持続可能な未来社会の実現を目指していくという。

関連URL

「Learning Center Vision」
「Learning Center Forecast」
AI inside

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る