レアジョブ、AIを活用した英語スピーキング力測定システム「PROGOS」を開発

英語関連事業を運営するレアジョブは17日、英語スピーキング力測定システム「PROGOS」を開発したと発表した。同時に、本システムを活用した英語スピーキングテスト「レアジョブ・スピーキングテストpowered by PROGOS」のサービス提供を個人、法人向けに開始する。

今回開発したPROGOSのベースとなる指標が、外国語のコミュニケーション能力を表す指標・国際標準規格のCEFR(セファール)。ケンブリッジ大学英語検定機構や英国文化振興会(British Council)などが展開する試験もCEFRに準拠しており、信頼性の高い指標として世界的に普及している。同社でも「スマートメソッドコース」などのサービスにおいて採用しており、グローバル標準に適応する指標として、PROGOSにも採用した。

また、質の高いスピーキングテストを速く、手軽に、リーズナブルに、大勢の方に提供できる基盤を構築するため、音声認識や自然言語処理をはじめとするAI技術を用いて“採点自動化”を行った。AIエンジンの開発からデータ連携APIまでの技術開発を自社で完結したことで、顧客や市場のニーズに迅速に対応し、データを活用したサービス体験の向上へつなげていくことが可能になったという。加えて、測定した英語スピーキング力に合わせて、個々の学習者が、どのように取り組めば、英語スピーキング力を改善できるのかというフィードバックも提供している。

■「レアジョブ・スピーキングテストpowered by PROGOS」サービスサイト
個人向けサービス
法人向けサービス 

関連URL

PROGOS
レアジョブ

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  2. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  3. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  4. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…
  5. 2021-5-31

    AI食事管理アプリ「あすけん」、「kawaii diet」iOS版の提供を開始

    会員数560万人の国内最大級AI食事管理アプリ「あすけん」の開発・運営を行うaskenは31日、サン…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る