AI食事管理アプリ「あすけん」、新機能Webレシピ読み込み登録の提供を開始

askenは26日、開発・運営を行うAI食事管理アプリ「あすけん」の食事記録の際に、Webサイト上のレシピを読み込んで登録できる新しい機能を、あすけんプレミアムサービスの一部として提供を開始したと発表した。本機能により、これまで、Webサイト上に記載されている材料・分量を一つ一つ手入力する必要があった自炊料理の登録の手間を軽減することができる。

レシピサイトなどで公開されているレシピ情報を参考にして作った食事を「あすけん」に登録する際、当該WebサイトのURLを入力するだけで、材料や分量を自動的に読み込み、登録が完了する。使用した材料や調味料を変えた場合は、簡単に実際の分量に変更することも可能。

askenは「ひとびとの明日を、今日より健康にする」をミッションに掲げ、さまざまな人のライフステージに寄り添い、食生活改善を通して健康をサポートするAI食事管理アプリ「あすけん」を運営している。2007年の創業当時からテクノロジーの力で「栄養士の栄養指導をDX」し、ユーザーの食事の選択力を高めて楽しく食生活改善ができるサービスを追求してきた。

食事記録を継続することは、食生活改善のために重要な要素であると考えており、「あすけん」利用の習慣化をサポートするための機能拡充およびユーザビリティ向上は特に優先度の高い開発案件として位置付けているという。

これまで、特に自炊をすることが多いユーザーから「材料や分量を細かく入力することが大変」という意見があり、今回のWebレシピ読み込み登録機能が課題解決の一助になると考え、提供を開始することとした。

関連URL

食事管理アプリ「あすけん」
asken

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る