LegalForce、AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」に「類型振り分け」機能をリリース

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」 を提供するLegalForceは13日、ユーザーが「LegalForceキャビネ」にアップロードした契約書の類型の選択を支援する、「類型振り分け」機能をリリースした。本機能により、ユーザーによる契約類型の確認作業や手動による契約類型の登録作業をサポートし、契約管理における業務の効率化を実現する。

「類型振り分け」機能では、「LegalForceキャビネ」に契約書をアップロードするとAIが自動で契約類型の候補を表示することで、ユーザーによる契約類型の確認・判断を支援する。自動で振り分けられた契約類型の情報が適切でなかった場合には、手動で契約類型の情報を変更することも可能。

これまでは、契約類型の情報を契約書ごとに手動で登録する必要があり、契約の類型管理に手間がかかっていた。また、特定の契約類型の契約書を探したい場合、契約書タイトルに含まれるキーワードで検索する必要があったが、契約書タイトルを正確に記憶していないことも多く、目的の契約書を探すのに時間がかかることも課題となっていた。このような課題を解決し契約類型による契約書管理を容易にするため、本機能の開発に至ったという。

本機能の開発により、ユーザーによる契約類型の確認・登録作業の削減が期待でき、且つ、契約類型の情報で契約書を検索できるようになるため、契約管理における業務の効率化が期待できる。

LegalForceでは、今後も弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行っていくという。

関連URL

「LegalForceキャビネ」
「LegalForce」
LegalForce

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る