GVA TECH、AI契約書レビュー支援クラウド「AI-CON Pro」に形式チェック機能をリリース

GVA TECHは2日、AI契約書レビュー支援クラウド「AI-CON Pro」に形式チェック機能をリリースしたと発表した。

契約書レビューをする際、条文の追加や削除、条文内の文言修正をした後に、条文番号のずれや表記揺れを最後に修正するが、ユーザーから「条文番号ずれや表記揺れの修正に要する時間が、レビュー業務の中で馬鹿にならないため、システムで解決したい」という要望が多く、AI-CON Proに形式チェック機能をリリースした。

条文番号ずれは、条文タイトルの番号に対し、上から順に連番で番号を付与することで、当該契約書の条文番号を一括で修正できる。存続条項など文中に条文番号が含まれている場合は、条文番号に黄色のマーカーでハイライト表示することで、修正漏れを防ぎやすくなるという。

また、表記揺れは、「及び・および」「又は・または」「但し・ただし」など、表現の揺らぎが起こりやすい10種類のキーワードが、契約書内にそれぞれいくつずつ存在しているかを検知し、表記揺れがある場合は一括で修正できる。

これにより、ユーザーがこれまで手間と感じていた契約書の形式面でのチェック作業を、AI-CON Proを用いることで手間なく行えるようになり、効率化を実現することができるという。

関連URL

GVA TECH

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る