ユビタス、Smart Surgery社の医療ロボットの手術トレーニングにVRストリーミング技術を提供

ユビタスは22日、クラウドゲームとメタバース関連のソリューションを提供し、Smart Surgery社のVR手術シミュレーションアプリ「術前トレーニングシステム」をサポートすると発表した。Smart Surgery社は、MEDICAL TAIWAN 2023 展(12月1日~12月4日)で製品のデモンストレーションを成功させている。

医療ロボットでもっとも有名な「ダヴィンチ」のような高度な手術を行うには、医学生だけでなく医師も十分なトレーニングが必要になる。病院や医学教育センターにしかないトレーニングシミュレーターは、場所を取る上に移動が難しく、ロボット手術の練習にかかる時間や費用、そして、現在の訓練のニーズに応えることも困難。上記のような、外科手術トレーニングの問題を解決するためにSmart Surgery社が開発した「術前トレーニングシステム」は、3D臓器モデルを搭載したVRデバイスの使用とインタラクション操作により、医師や学生に高い没入感を与え、低価格で外科手術トレーニングを実現した。ユビタスのソリューションにより、Smart Surgery社はデバイスのパフォーマンスを気にすることなく、オールインワンのVRデバイスで高精細な3D解剖モデルをストリーミング配信することができる。また、AIシステムにより、初心者や研修中の外科医がより正確に臓器の位置を判断できるようになった。

ユビタスは、世界最高のGPU仮想化技術とクラウドストリーミングプラットフォームを運用し、その高度な技術を通じ、優れたユーザー体験の提供に専念している。ユーザーがブロードバンドネットワークに接続している限り、スマートフォン、タブレット、ゲームコンソール、スマートTV、パソコンなどの様々なデバイスで、AAAタイトルのゲームを楽しむことができる。

現在ユビタスでは、クラウドゲームに関心のある国内外のゲーム会社をサポートするために、包括的なGDK(ゲーム開発キット)を使用し、市場投入まで短期間で行える「オンボーディングソリューション」を提供している。世界中の通信事業者、オンラインサービスプロバイダー、ゲームパブリッシャーなどと幅広く提携をしている。

関連URL

ユビタス

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る