BLITZ Marketing、AIがネットの風評をチェックする「自動風評チェックツール」リリース

風評被害・誹謗中傷事業を運営するBLITZ Marketingは3月31日、ネット上に潜んでいるあらゆるネガティブリスクを管理できるツール「風評チェックツール」をリリースした。

風評チェックツールはネット上の情報を吸い上げ、潜在的なリスクを特定・管理可能にするシステム。

リリースを記念して、2023年4月までに登録した【先着10社様限定で】通常月額3万円の利用料が【1カ月無料】になるキャンペーンを開催中。

風評チェックツールは1000社以上の風評被害を解決してきたBLITZ Marketingが提供しているレピュテーションリスクを管理するツール。ネット上に潜んでいるリスクを特定するために、独自のデータ抽出技術を用いて特定のキーワードで検索した結果を定期的に抽出・分析し、レピュテーションリスクとなる要素を特定・管理を行う。

風評チェックツール 3つの機能
1.豊富な抽出対象
同社の風評チェックツールは、各媒体の検索エンジンの他にSNS、評価サイト、ブログ等幅広い抽出先から特定のキーワードに関連する要素を抽出することが可能。

風評チェックツールでは、ネガティブな要素として、誹謗中傷・悪質なクレームを特定することが可能。誹謗中傷・悪質なクレームには、転職口コミサイトの悪意のあるクレーム・SNSによる炎上・代表個人への攻撃など、含め様々なタイプがある。これらのネットの風評被害情報を独自システムで抽出し、ネガティブ状況を毎日チェックすることが可能。

2.クラウドでリスクチェック
特定のキーワードで抽出したデータは、自社独自の技術で各媒体ごとに数値化・分類された状態で提供する。

分析結果はいつでも専用サイトから確認できる。採用活動、融資、M&A等、自社のネット上の評判を知りたいときに活用することが可能。

3.AIよるネガティブ判定
同社の風評チェックツールは、抽出したデータをAIによってネガティブ・ポジティブ判定を行っている。ネガティブ・ポジティブを把握することで、自社や商品、サービスについての口コミの評判を確認することができる。ネガティブなデータが抽出された場合には、同社でネガティブなデータに対する対策を提案することも可能。

関連URL

メディアサイト「BLITZ Magazine」
BLITZ Marketing

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る