SELF、自社開発のコミュニケーションAIと「ChatGPT」との相互連携システムを開発

SELFは11日、自社開発のコミュニケーションAIとOpenAI社が展開する「ChatGPT」との相互連携システムを開発し、より高度な会話コントロールを可能にしたと発表した。
SELFが会話をコントロールし、会話の範囲や話す内容の制御を行う。

SELFは会話からユーザー理解を行い、短期〜長期でのユーザーとの関係性の構築に強みを持っている。対してChatGPTは圧倒的なテキスト(会話)生成力を持つ。

双方の利点を活かし、単なる「ChatGPT」 APIのつなぎ込みではなく、ChatGPTの不足点をSELFの会話システムが補い、またSELFの不足点をChatGPTに補ってもらうという、相互連携のシステムを開発した。

■企業利用におけるChatGPTの不足点とハードル
・自社と関係のない話題にも対応してしまう
・会話の内容をハンドリングできない
・ライバル会社の製品にも言及してしまう
・会話やユーザーを記憶できない
・会話ログを管理しづらい

■本システムの利用目的・情報提供の拡張
・ユーザビリティー向上
・マーケティング利用
・ユーザーサポート(短期〜長期)
・社内業務効率化

関連URL

SELF

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る