スクーティー、ChatGPT連携でシステム開発を支援する「ChatGPTラボ型開発サービス」開始

スクーティー(開発拠点:ベトナム)は18日、ChatGPTと連携したシステム開発の要望がある企業向けに「ChatGPTラボ型開発サービス」を開始したと発表した。

プロトタイプ作成、PoCからシステム開発まで、幅広く対応する。ベトナムの優秀なエンジニアで顧客企業専属のチームを即座に組成でき、ChatGPTと連携したサービスのPoCやシステム開発をすぐに始められる。

「ChatGPTと連携したシステムを開発したいが人手が足りない」「ChatGPTを使ってなにかやりたいが、何ができそうかわからない」といった声に応え、同社は「ChatGPTラボ型開発サービス」を開始した。これは、同社が保有するベトナムエンジニアの人的リソースを、顧客の要望するChatGPTと連携したシステム開発に利用できるサービス。

「ChatGPTラボ型開発サービス」を利用することで、ベトナムの優秀なエンジニアで顧客専属のチームを即座に組成でき、ChatGPTと連携したサービスのPoCやシステム開発をすぐに始めることが可能となる。

もちろん、採用にかかる内部コスト、外部コストに相当する費用はかからないし、人事査定や昇給、ボーナスに相当する支払いも必要ない。システム開発業務のみに集中することができる。社内の人手不足、システム開発の委託先不足といった課題が一気に解決するという。

問い合わせ後、まずは要望をヒアリングする。

次に、プロトタイプを実装し、ChatGPTによる出力の精度を検証、及びチューニングする。この検証期間を経て、ChatGPTからの出力を顧客のサービスに十分活用可能との判断ができた上で、本格的に既存システムの改修、あるいは新規システムの開発を進める。

関連URL

問合せ
スクーティー

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る