POTETO Media、「AIスピーチ秘書(α版)」をリリース

POTETO Mediaは24日、「AIスピーチ秘書(α版)」をリリースしたと発表した。

AIの進化が目覚ましい中において、政治分野の広報・PRを行うスタートアップとして、何かAIを政治活動に活用できないか。そんな思いでサービスを開発したという。

α版で、テストケースの要素も含むサービスではあるが、「AIはじめ」として活用してほしいという。

サービス概要:7つの質問に答えるだけで、スピーチ原稿を自動作成
サービス対象:政治家など、演説をしたい全ての人々。誰でも利用可能。
利用料金:無料

サービスの特徴
話題の対話型AI「ChatGPT」を用いたスピーチ原稿の自動作成サービス。
利用者は7つの質問に答えるだけで、スピーチ原稿を約30秒で入手することができる。

AI×政治で何ができるか…。
統一地方選で政治に注目が集まった今だからこそ、テクノロジーと政治の掛け合わせの可能性を、共に追究していければとしている。

関連URL

「AIスピーチ秘書(α版)」
POTETO Media

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る