海馬、ChatGPTと生成AIトレンドを学ぶビジネススクール「AIビジネスの学校」開始

「メタバースの学校」を展開する海馬は20日、今後、大きな拡大が見込まれるChatGPTなどの生成AIを対象としたオンラインカリキュラム「AIビジネスの学校」開始すると発表した。

「メタバースの学校」で1000人以上のセミナー受講者実績と100社を超える企業研修実績を持ち、2万人がフォローするFacebookコミュニティ「AIとメタバースが作る未来研究グループ」を主催する海馬は、拡大が見込まれるChatGPTなどの生成AIを対象としたオンラインカリキュラムを開始する。

ChatGPTが話題になって以降「プロンプトエンジニアリング」が注目され、テクノロジーとしてのAIやプロンプトを学ぶ技術的観点でのセミナーが多くなっているが、当セミナーは経営者や管理職、リーダー向けの市場動向やビジネスの可能性や将来展望にフォーカスした非エンジニア向けの内容となっている。

カリキュラムのコンセプトとして以下マップの位置付けの「アプリケーションレイヤー」を中心に前後の話題を全体として三部に分けた内容となっている。特に第二部のChatGPTとマイクロソフト製品群の連携サービスCopilot、つまりアプリケーションレイヤーの動きが今年の目玉となると考えているという。

<サービス内容>
■個人参加ビジネスコース
「AIビジネスの学校」 5月〜8月期は入門編です。
毎週火曜日 18時-20時 受講料1.8万円 *1回参加あたり
<受講方法>
ZOOMによるウェビナー形式

■第一部
・ChatGPTの衝撃と周辺事情〜ウクライナ侵攻から失業問題まで
・プロンプト(How)だけではない、もう一つの技術(What)は「ソクラテスノーツ」
■第二部
・先行者Googleが遅れをとった理由とマイクロソフトの賭けが検索市場を変える
・ChatGPTの現場普及はマイクロソフトが握っている。これから始まる新サービスCopilot先行分析!
■第三部
AI社会の未来予測
・米最大の投資会社セコイアキャピタルのAI市場分析レポートを解説
・サムアルトマンの言動と行動からAI社会の未来を探る
□おまけ講座
・ChatGPTと会話する方法
・自分アバターを作ってしゃべらせる方法

関連URL

「AIビジネスの学校」
「メタバースの学校」
海馬

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  2. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  3. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  4. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  5. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る