M Media Apps、相談サービス「きいて」で悩み相談「AIコメント」機能リリース

M Media Appsが提供する悩みや愚痴の相談サービス「きいて」は8日、ChatGPTを用いた「AIコメント」機能をリリースした。

AIの技術を活用して幅広い悩みに回答をすることで、相談者の不安やモヤモヤした気持ちを軽減するためのカウンセリングツールとして活用される。

AIコメント機能は、投稿された内容をChatGPTのAPIが読み取り、自動でコメントをつける機能。

「きいて」は毎日たくさんの悩みや愚痴が投稿されている。投稿された内容にはサービス利用者や「きいてカウンセラー」がコメントやチャットを送るのが通常の流れだが、相談に乗りたい人よりも相談したい人の方が多い現状により「投稿してもコメントがもらえないことがある」という課題があった。

AIコメント機能の導入によりほぼすべての投稿に対して自動でAIからのコメントが届くため、この課題を解決することが期待される。

より適切なコメントができるよう、ChatGPTのAIで「きいて」独自の調整がされている。AIは「心理カウンセラー」のキャラクター設定が与えられており、投稿内容に合わせて心理カウンセラーのようなコメントを返す。

もちろんAIはまだ技術的に発展途上のため精度が低い部分もあるが、人が対応しきれない範囲をAIが補うことで誰からもコメントがつかないという寂しい状況を回避し、相談者からの幅広い投稿に対応が可能となる。

「きいて」は匿名・無料で利用できる悩みや愚痴の相談サービス。2021年から開始し現在はWeb版とアプリ版を提供している。「きいて」は新しいSNSカウンセリングサービスとして運営され、誰にも言えないような悩みから些細な愚痴まで気軽に投稿できるプラットフォーム。

悩みを投稿するとそれを見た誰かが共感してくれたり、同じ悩みを抱えている人から返信が来たり、臨床心理士や公認心理師などの資格を持った「きいてカウンセラー」からコメントが届いたりする。
「きいて」サービス利用
Web 
iOSアプリ
Androidアプリ

関連URL

M Media Apps

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る