シェアモル、ChatGPTベースのSaaSをオトクに使える「Transcope」IT導入補助金に採択

シェアモルは27日、「Transcope」がIT導入補助金の対象ソフトウェア(通常枠A類型)として採択されたと発表した。

IT導入補助金は、中小企業等が情報化を進めるために国から支給される補助金。

IT導入補助金を利用することで、多くの企業がデジタル化を進めることが可能となり、競争力の強化や業務効率の向上が期待できる。

主に、クラウドサービスや業務システムの導入、ウェブサイトやECサイトの構築に利用できる。補助金の申請は、年に数回実施される公募の期間内に行われ、審査が行われる。

「Transcope」は、通常枠A類型なので、補助率は最大50%、補助額は5万円~150万円未満となっている。つまり、1万円のプランを3カ月利用する場合、最大でも補助額が1万円×3カ月×50%=1.5万円になるので、IT導入補助金の適用はできない。

最低でも「Transcope」の利用が10万円以上の場合に適用可能なので、注意が必要。

「Transcope」のようなクラウドシステムの場合、最大2年間の補助が受けられるので、長期で利用する場合は、このタイミングで申請するとお得。

Transcope(トランスコープ)とは、GPT-4をベースに開発された、SEOに強い文章をAIが自動作成するためのソフトウェア。

業務で利用することを想定して開発されているのが特徴で、以下の3点が他の類似サービスと比較したときの違いとなっている。

1.SEOに最適
ChatGPTなど他のツールと違い、競合サイトの分析をしながら、SEOに強い文章を生成できる。
2.AIの待ち時間ゼロ
予約機能を使えば、AIが文章を生成する時間を待つ必要はない。
3.マルチモーダルな入力
テキストだけでなく、URLや画像ファイルなど、様々な入力形式に対応可能。

関連URL

具体的な補助内容
「Transcope」
シェアモル

関連記事

注目記事

  1. 2024-4-11

    アイスマイリー、人事・総務向け問い合わせ対応AIカオスマップを公開

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは11日、各業界のDX推進の支援の一…
  2. 2024-4-11

    AIライティングアシストツール「fumi-co」、新テンプレート「SEO記事」リリース

    CROCOは10日、AIライティングアシストツール「fumi-co」に「SEO記事」を公開した。一度…
  3. 2024-4-10

    NABLAS、生成AIのフェイクを見破る企業向けフェイク検出サービスをリリース

    AI総合研究所として活動するNABLASは10日、企業向けフェイク検出サービスをリリースした。これに…
  4. 2024-4-1

    クラスター、メタバース空間「バーチャルあべのハルカス」に会話型生成AI「AIあべのべあ」導入

    イベント累計動員数3500万人を超える、国内最大級のメタバースプラットフォーム「cluster」を運…
  5. 2024-3-26

    Midjourney V6モデル搭載 AIチャットボット「GitMind Chat」がAI画像生成機能を発表

    Apowersoftは25日、Midjourney V6モデルを含む最先端の画像生成技術を活用したG…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る