Qin、ChatGPTを設定不要でSlackから使えるアプリ「Assort」リリース

Qin(シン)は10日、OpenAI社のChatGPTのAPIを活用したSlackアプリ「Assort」を4月24日にリリースしたと発表した。

「Assort」(アソート)は、Slackワークスペース内のコミュニケーションをサポートする新アプリで、既に500以上のワークスペースで利用されている。「Assort」を導入することで、Slackから離れずにChatGPTを活用したAIチャットが可能になる。チームメンバーが一緒にChatGPTを使えるため、効率的なコラボレーションが実現する。

ChatGPTは自然な対話ができるAIチャットとして注目を集めているが、公式サイトでしか使えず、英語での認証が必要なため、利用のハードルが高い。「Assort」では、Slackから直接ChatGPTを活用できるため、簡単に使える。ビジネスチャットとChatGPTの親和性を活用し、業務効率化や知見の共有がスムーズに行えるようにリリースした。

「Assort」のAIチャット機能の概要
■ 特徴
① チームメンバーと一緒にSlack上でChatGPTを利用できる。
2023年5月現在、ChatGPT公式サイトでは個人アカウントのみで利用可能。しかし「Assort」を使えば、Slackアカウントで簡単に利用でき、チームメンバーと共有して使うことができる。
② Slackアプリをインストールするだけで簡単に導入できる。
「Assort」はすでにSlackの承認済みで、Slackアプリストアから確認できる。資料請求などは不要で、誰でもすぐに利用できる。
③ 複雑な設定や運用は必要ない。
類似のSlackアプリも存在するが、ほとんどの場合、ChatGPTのAPIキーをデベロッパー管理画面から発行する必要がある。「Assort」では、同社のAPIキーを利用してサービスを提供しているため、ユーザーがAPIキーを発行・管理する必要はない。
④ ユーザーのAIチャットのデータは同社DBに保存されない。
「Assort」は、ユーザーのデータを保存せずにChatGPTのAPIにリクエストを送信している。そのため、ユーザーの対話データは同社のDBに一切残らない。
⑤ 日本語と英語に対応している。
2023年5月現在、上記の特徴を持つ日本語対応のSlackアプリは「Assort」だけ。また英語にも対応しているため、英語しか話せない人も利用できる。

Slackアプリストア

関連URL

「Assort」
Qin

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る