Onebox、GPT-4を活用したメール自動生成機能「yaritori AI(α)」をリリース

Oneboxは25日、営業・CSに特化したメールサービス「yaritori 」の新機能となる「yaritori AI (α) 」を正式リリースした。「yaritori AI (α) 」は、OpenAI社が提供する最新の自然言語生成モデル「GPTー4」を活用した日本初のメール自動生成機能だという。

「yaritori」は、対外的な顧客対応を担う営業・CSに特化したクラウド型のメールサービス。「複数メールの対応状況をチームで一元管理」「Slack・Chatwork連携」などで社内外のコミュニケーションを効率化し、迅速な顧客対応を実現できる。

問い合わせ対応など様々な用途で活用され、業界・規模問わず150社を超える企業に利用されている。

「yaritori AI(α)」はOpenAI社が提供する最新の自然言語生成モデル「GPTー4」を活用した国内初(自社調べ)のメール自動生成機能。本年2月からパイロット版を提供開始し、顧客の声などを参考に改良を重ねてきた。今回、「メール文の自動作成」「丁寧語への変換」「日本語から英語への翻訳」機能をα版として正式リリースする。

日本ビジネスメール協会が2022年6月1日に発表した「ビジネスメール実態調査2022」によると、ビジネスでメールを利用するビジネスパーソンは、1日平均16.27通の送信を行い、1通平均6分5秒をメール作成に充てているとされている。生産性向上への関心が高まるなかで、メール作成の効率化は、多くのビジネスパーソンにとって大きなインパクトが期待できるという。

「yaritori AI(α)」のサービスデモ・トライアルの申し込み
サービスデモの予約
サービスの申し込み

関連URL

「yaritori」
Onebox

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る