ヒューマン、日本語だけでAI操作「法人向け プロンプトエンジニアリング研修コース」提供開始

教育事業を手掛けるヒューマンアカデミーは18日、同社が運営するビジネス教育事業で、法人向け「初心者対象プロンプトエンジニアリング研修コース」の提供を開始すると発表した。

プロンプトエンジニアリングとは、主流となるAIの設計や操作において、明確な指示や入力のフォーマットを使用する手法で、これにより、業務生産性の向上から創造力の促進、意思決定の強化が見込めるという。

深刻な人材不足が、企業の業績や経済成長に影響をおよぼしている中で、急速な技術の進化により、企業はデジタル化やAI、ロボティクスなどの新しい技術への適応が課題となってきた。ChatGPTをはじめとする生成AIの活用は、ビジネスにおいて重要と認識されながら、企業においては、従業員の技術的な知識不足と教育不足、セキュリティリスクの懸念などの課題が出ている。導入を促進するには、従業員の意識改革や変革への抵抗及び不確実性に対する不安を払拭する必要があり、今回、法人向けプロンプトエンジニアリング研修コースの提供を決定した。

【プロンプトエンジニアリング研修の概要】
・企業のご希望にあわせたカスタマイズ形式
・形式:集合研修(オンライン研修も可能)
・日数:半日から、ご希望に合わせて回数と日程を設定
・主な内容
プロンプトエンジニアリングとは何か
プロンプトの基本とコツ
ChatGPTでビジネス文書を作ってみる
ChatGPTで新規事業を作ってみる
ChatGPTで「自分AI」を作って仕事を楽にする
・講師:はちえん。代表取締役 坂田誠 氏
IT運用コンサルタント
アナログな中小企業・自営業を対象に、直ぐにできる集客・売上アップ法を分かり易く解説する、IT運用のエキスパート。
日経新聞朝刊にて「ネットに詳しい経営コンサルタント」と紹介される。
商工会議所や行政・団体、企業など、2022年までSNSやAIなど、ITがテーマの
セミナー講師数は累計1200本以上
・期待できる効果
業務効率化:ChatGPTや生成AIを活用することで、ルーティン業務を自動化し、生産性の向上
創造力の促進:生成AIは新たなクリエイティブ、コンテンツにおいて、創造的で革新的なアイディアの創出
オペレーションの最適化:顧客への迅速な対応が可能となり、カスタマーサービスや満足度の向上
意思決定の強化:大量のデータを解析し、より正確な情報を元にした意思決定が可能

関連URL

「ヒューマンアカデミー」
ヒューマン

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る