ナレッジコンサルティング、ChatGPTの誤回答を解決しセキュリティを強化

ナレッジコンサルティングは7日、生成AI「ChatGPT」技術を活用した企業の社内ナレッジ活用を効率化するチャットボット「カイセツ」の新プラン、「スタンダードプラン」をリリースすると発表した。これにより、より詳細な回答形式や高度なセキュリティ機能を提供し、ビジネスの効率化と情報管理の向上を実現する。

カイセツは、企業の情報やノウハウを整理・集約し、顧客や社内向けに自然言語で簡単にアクセスできるチャットボット・FAQを立ち上げられるサービス。ChatGPTを活用することにより、いつでも自然言語で簡単に検索ができる。

事前の情報整理は一切必要なく、ホームページや既存のドキュメントを読み込ませるだけで、わずか10分でチャットボット・FAQの立ち上げが可能。

【スタンダードプランの主な機能】
1.誤回答を防ぐ技術 DAS:
生成AIが誤回答をすると言われる問題を、ナレッジコンサルティングが開発した独自技術のDAS(Direct Answer System)により解決する。
DASは質問の理解と情報検索にのみ生成AIを使い、回答については事前に登録された回答文をAIで変更することなく出力させることができる技術。
例えば質問について正しく理解できているか確認した上で回答したり、質問に関連性の高いFAQを選択肢として表示することで、質問者が該当する回答を選択することが可能になる。このDASにより誤回答の許されない業務での活用を可能にする。
また通常の生成AIで回答をするのか、DASを使い事前に準備した回答を表示させるのか、指定することが可能になる。

2.セキュリティ機能:
セキュリティ機能は、アクセスしたユーザーの権限に基づいて回答する情報の範囲を制限する事を可能にする。ユーザーは自身の権限範囲内の情報からのみ回答を得ることができる。これにより、公開情報や社内向け情報、経営向け情報などの権限に応じた情報の公開を実現する。

3.豊富な回答形式:
ライトプランではテキストのみのチャットボットだが、スタンダードプランでは画像や動画、URLリンク、ファイルの添付等を交えて回答することが可能。これにより、要点はチャットボットで回答し、より詳細で具体的な回答については関連する資料やURL、動画に誘導するといった使い方が可能になる。

4.ファインチューニング作成支援機能:
ファインチューニングは、企業に特化した個別情報のように学習データが少ない場合や学習にコストや時間をかけられない場合に特に有用な手法であり、AIの利便性と効率を大幅に向上させる。
事前に読み込ませたドキュメントから自動でファインチューニングの元になる学習用データ(FAQ形式)を作り出す。
利用者は自動作成された学習データを修正するだけで最適なチューニングができるようになる。また、専任のサポートメンバーによるプロンプト作成のアドバイス等のサポートも行う。

これらの新機能により、「カイセツ」スタンダードプランは、企業の情報管理と顧客サポートの向上に大きく貢献する。情報共有の効率化や業務効率の向上に寄与すると共に、企業の持つナレッジを最大限に活用し、ビジネスの成長をサポートする。

関連URL

「カイセツ」
ナレッジコンサルティング

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  2. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  3. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  4. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  5. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る