LRM、石川県加賀市の情報セキュリティ教育クラウド「セキュリオ」活用事例を公開

LRMは20日、石川県加賀市が、情報セキュリティ教育クラウド「セキュリオ」を活用し、ChatGPTをはじめとした生成AIに関する教育実施など、職員の情報セキュリティ意識向上に取り組んでいることを紹介する事例記事を公開したと発表した。

加賀市は、市民がデジタル技術を活用して便利で快適にすごせるまちを目指す「スマートシティ加賀」を進めており、人口減少など地域の課題にデジタル技術で重点的に取り組む自治体として、国家戦略特区の一つである「デジタル田園健康特区」にも指定されている。

スマートシティ加賀を目指すための施策として、マイナンバーカードと生体パスポート(顔認証)を活用し、市内の様々な施設を“顔パスによる手ぶら”で利用できるようにする加賀市版スマートパス構想やe-加賀市民制度(NFTを活用した電子市民制度)の推進などを行っている。また、2023年5月30日には、市役所業務におけるChatGPTの運用を開始するなど、デジタルサービスを積極的に活用している。

同市は、こうしたデジタルサービスの活用と情報セキュリティは両軸で推進する必要があり、そのためには継続的な情報セキュリティ教育が必要不可欠であると考えていた。しかし、継続的な教育を行うにあたって、いくつかの課題があったという。

これまでの情報セキュリティ教育は集合研修の形式で実施していたため、実施前に関係各所に確認が必須であったことが実施者の負担になっていた。また、受講する職員にとってもまとまった時間を確保する必要があったことから、何回も繰り返し実施することが難しいという課題があった。

そうした課題を解決し、継続的な教育を持続的に行うためにセキュリオを導入し、eラーニング機能を活用して職員の情報セキュリティ意識向上に取り組んでいる。セキュリオを導入したことで、約1000人への教育を大きな負荷なく繰り返し実施できるようになった。そして、継続的な取り組みにより、情報セキュリティへの意識づけがされ、各職員が日常業務における情報の取り扱いを見直す気づきが生まれている。

導入事例記事

関連URL

情報セキュリティ教育クラウド「セキュリオ」
加賀市
LRM

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る