WIPジャパン、AI多言語化クラウドサービス「AIシュリーマン」で画像内のテキストを翻訳処理

AI多言語化クラウドサービスを先導するWIPジャパンは9月29日、従来、翻訳依頼が難しくて敬遠されてきた画像の翻訳を「AIシュリーマン」上で簡単に依頼できる新機能を搭載した。これにより、PhotoshopやIllustrator形式の画像をアップロードするだけで、画像内のテキストを多言語化することが可能となり、Webサイト全体の多言語化の手間とコストを大幅に削減できるという。

この新サービスの最大の特徴は、ユーザーが翻訳のタイプを選択できる点。翻訳の種類として、高速かつ低コストの「AI翻訳」または、専門的で正確な「プロ翻訳」のどちらかを選択することができる。そして、いずれの翻訳方法でも、経験豊富なデザイナーが最終調整を行い、ユーザーに最適なフォーマットでの納品が実現する。

AI翻訳 例:

プロ翻訳 例:

料金詳細は以下の通り(税別):
- AI翻訳+デザイナー調整:5000円/画像1点
- プロ翻訳+デザイナー調整:1万円/画像1点

関連URL

「AIシュリーマン」
WIPジャパン

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る