自律移動ロボットKeiganALI、複数台制御などオプション発売・国際ロボット展出展

工場・レストラン・物流倉庫など、多くの現場で利用されている自律移動ロボット「KeiganALI」を開発したKeiganは28日、現場の更なる自動化・DX化を推進するため、「KeiganALI」の能力を大幅に向上させるオプション群をリリースすると発表した。

① 複数台の交通整理(群制御)を可能にする「KeiganFleet」ソフトウェア
② PLCからの制御が可能な「KeiganCommunicator」ソフトウェア
③ 自動充電を実現する「充電ドッキングシステム」
④ 台車の自動着脱が可能な「台車連結モジュール」
⑤ 60Kg積載が可能な「トルクアップ改造」

また、11 月 29 日から 12 月 02 日に東京ビッグサイトで開催される「2023 国際ロボット展(iREX2023)」に 販売代理店 を通じ「KeiganALI」を展示する。本展示では、上記オプション群のほか、様々なシーンで活躍する「KeiganALI」を展示する。

■ 出展情報
2023 国際ロボット展(iREX2023)に出展。KeiganALIを展示する販売代理店ブースには、Keiganスタッフも参加している。

展示会名称:2023 国際ロボット展(iREX2023)
開催会期:2023 年 11 月 29 日(水)~12 月 02 日(土)
開催時間:10:00 – 17:00
入場料:1000 円(入場登録者・招待状持参者・中学生以下は無料)
事前の入場登録

KeiganALI を展示するブース
・販売代理店名:住友重機械工業PTC事業部
ブース番号:小間番号 E4-36
展示内容:自動充電、KeiganFleet

・販売代理店名:日伝
ブース番号:小間番号 E4-24
展示内容:ロボットアームとの連携、台車連結モジュール、KeiganCommunicator

・展示企業名:オザック精工
ブース番号:小間番号 E5-35
展示内容:昇降装置とのKeiganALIの連携

KeiganALIは 搬送質量 30kg のコンパクトな自律移動ロボット。上部のカスタマイズが容易で、現場担当者でもマッピング(地図の作成)が簡単にできる。また、APIを公開しており、自由なソフトウェア開発が可能。

関連URL

「KeiganALI」
Keigan

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る