自律移動ロボットKeiganALI、複数台制御などオプション発売・国際ロボット展出展

工場・レストラン・物流倉庫など、多くの現場で利用されている自律移動ロボット「KeiganALI」を開発したKeiganは28日、現場の更なる自動化・DX化を推進するため、「KeiganALI」の能力を大幅に向上させるオプション群をリリースすると発表した。

① 複数台の交通整理(群制御)を可能にする「KeiganFleet」ソフトウェア
② PLCからの制御が可能な「KeiganCommunicator」ソフトウェア
③ 自動充電を実現する「充電ドッキングシステム」
④ 台車の自動着脱が可能な「台車連結モジュール」
⑤ 60Kg積載が可能な「トルクアップ改造」

また、11 月 29 日から 12 月 02 日に東京ビッグサイトで開催される「2023 国際ロボット展(iREX2023)」に 販売代理店 を通じ「KeiganALI」を展示する。本展示では、上記オプション群のほか、様々なシーンで活躍する「KeiganALI」を展示する。

■ 出展情報
2023 国際ロボット展(iREX2023)に出展。KeiganALIを展示する販売代理店ブースには、Keiganスタッフも参加している。

展示会名称:2023 国際ロボット展(iREX2023)
開催会期:2023 年 11 月 29 日(水)~12 月 02 日(土)
開催時間:10:00 – 17:00
入場料:1000 円(入場登録者・招待状持参者・中学生以下は無料)
事前の入場登録

KeiganALI を展示するブース
・販売代理店名:住友重機械工業PTC事業部
ブース番号:小間番号 E4-36
展示内容:自動充電、KeiganFleet

・販売代理店名:日伝
ブース番号:小間番号 E4-24
展示内容:ロボットアームとの連携、台車連結モジュール、KeiganCommunicator

・展示企業名:オザック精工
ブース番号:小間番号 E5-35
展示内容:昇降装置とのKeiganALIの連携

KeiganALIは 搬送質量 30kg のコンパクトな自律移動ロボット。上部のカスタマイズが容易で、現場担当者でもマッピング(地図の作成)が簡単にできる。また、APIを公開しており、自由なソフトウェア開発が可能。

関連URL

「KeiganALI」
Keigan

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る