Acculus、超低消費電力エッジAIカメラ/ボード Mini Watt Vision を開発

Acculusは22日、消費電力の低さと実用的なフレームレートとを両立した、エッジAIカメラ/ボードである Mini Watt Vision を開発したと発表した。

画像センサと、AI処理チップを2種類内蔵している。また、処理結果の出力のために有線(USB)と無線(BLE)が使用でき、小型バッテリーも内蔵しているため、無線出力の場合は、本カメラ単体でワイヤレスで撮像・AI処理・結果送信の一連の動作が可能。

Mini Watt Vision の特徴
・クラウドを用いずエッジでの処理で完結し、撮影画像はその場で廃棄するため、プライバシー保護が容易
・画像AIセンサとして世界最小レベルの超低消費電力動作と、FPS(処理フレームレート)との両立
・物体検出 50mA @ 10FPS、物体検出+詳細認識 80mA @ 5FPS (ボード全体, 画像センサを含む電力)
・消費電力の低さ、および複数のスリープモードによる、長時間バッテリー動作が可能
・高温にならず安定動作
・小型であるため設置が容易
・バッテリー動作により電力線が不要のため、設置時における自由度が向上
・画像AIの従来品より安価

従来は定期的に人が目で見て確認していたものを、本カメラに置き換えることにより省人化・省力化に寄与する。また今後もIoT・センシング機器が設置される必要性が増す中で、個々のセンサの消費電力を下げることは、持続可能な社会の構築に寄与すると考えられるという。

Mini Watt Vision 専用説明ページ (デモ動画の閲覧可能)

関連URL

Acculus

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る