Acculus、超低消費電力エッジAIカメラ/ボード Mini Watt Vision を開発

Acculusは22日、消費電力の低さと実用的なフレームレートとを両立した、エッジAIカメラ/ボードである Mini Watt Vision を開発したと発表した。

画像センサと、AI処理チップを2種類内蔵している。また、処理結果の出力のために有線(USB)と無線(BLE)が使用でき、小型バッテリーも内蔵しているため、無線出力の場合は、本カメラ単体でワイヤレスで撮像・AI処理・結果送信の一連の動作が可能。

Mini Watt Vision の特徴
・クラウドを用いずエッジでの処理で完結し、撮影画像はその場で廃棄するため、プライバシー保護が容易
・画像AIセンサとして世界最小レベルの超低消費電力動作と、FPS(処理フレームレート)との両立
・物体検出 50mA @ 10FPS、物体検出+詳細認識 80mA @ 5FPS (ボード全体, 画像センサを含む電力)
・消費電力の低さ、および複数のスリープモードによる、長時間バッテリー動作が可能
・高温にならず安定動作
・小型であるため設置が容易
・バッテリー動作により電力線が不要のため、設置時における自由度が向上
・画像AIの従来品より安価

従来は定期的に人が目で見て確認していたものを、本カメラに置き換えることにより省人化・省力化に寄与する。また今後もIoT・センシング機器が設置される必要性が増す中で、個々のセンサの消費電力を下げることは、持続可能な社会の構築に寄与すると考えられるという。

Mini Watt Vision 専用説明ページ (デモ動画の閲覧可能)

関連URL

Acculus

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  2. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  3. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  4. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  5. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る