Pinmicro、新型コロナの感染拡大を抑止する医療施設向けソリューションを緊急リリース

位置情報による動態管理ソリューション「Assistplus」(アシストプラス)を開発・サービス提供するpinmicroは15日、新型コロナウイルスの感染拡大抑止に役立つ医療施設向けソリューションとして、スマートデバイスのアプリケーションとスマートリストバンドやタグを利用した「meTrack」(ミートラック)の提供を開始した。

「meTrack」は、新型コロナウイルスが世界中で広がる中、感染防止に役立つソリューションの必要性を受け、既存サービスの「Assistplus」をベースに、数週間の開発・検証を経て、医療向けソリューションとして提供を開始した。

この「meTrack」は、GPS、Wi-Fi、Bluetoothなど、複数のテクノロジーを統合し、屋内外問わず、正確で詳細な位置情報を取得することができる。更に、既存サービスでもある「Assistplus」ともシームレスに連携が可能なため、資産管理の仕組みと併用することで、人工呼吸器などの重要な医療機器の場所の特定も可能になる。

また、こうして蓄積された行動履歴は、専用のWebダッシュボードで遠隔地からでも、リアルタイムでの確認することができる。それにより、監視対象者が施設内のどこへ立ち入ったか、どの場所へ立ち寄ったか、その時間に誰と接点を持っていたか、といった情報をリアルタイムに把握することができるため、感染拡大に一分一秒を争う状況下では、大変有効なソリューションだという。

活用シーンとしては、院内患者へスマートリストバンド等を患者へ配布することにより、
院内滞在中の行動し履歴を追うことが可能となる。またリアルタイムでの監視・アラートも可能であるため、隔離エリア等での待機記録や時間経過による管理なども可能。

医療スタッフ向けとしても勤務状況・経過時間の管理や、どのエリアにスタッフがどれだけ滞在をしているか。また、移動式の院内設備の配置状況や数量等の把握にも利用できる。

関連URL

「meTrack」サービスページ(英語サイト)
pinmicro

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る