シーディーアイ、ケアマネジメント支援サービス「SOIN」が「ほのぼのNEXT」と連携

シーディーアイ(CDI社)は7日、エヌ・デーソフトウェア(NDS社)の業務支援システム「ほのぼのNEXT」の「在宅ケアマネジメント基本システム(AI)」にCDI社の人工知能(AI)を用いたケアマネジメント支援サービス(AIケアプラン)「SOIN(そわん)」の提供を開始したと発表した。

「AIケアプラン」の機能では、ケアマネジャーがADL・IADL、認知症状等の将来予測、自立支援のためのサービスプランを参照することができ、自立支援・重度化防止を考慮したケアプランの作成を支援する。また、適切なプランの作成支援や経験を積む場がない新人ケアマネジャーの教育ツールとしての役割が期待できるという。

CDI社とNDS社は2019年12月9日、AI技術を活用したケアマネジメント支援に関する知見を連携することで、高齢者の自立支援の実現への貢献、並びに介護業界における業務効率化と生産性の向上を目指し、資本業務提携(業務提携)した。

資本業務提携の背景には、人手不足が深刻化する介護業界において、AIやICTを活用した業務効率化・生産性向上が求められていること、また、介護保険法等において、高齢者が「可能な限り、住み慣れた地域でその有する能力に応じた自立した日常生活を営むこと」ができるよう自立支援型のケアマネジメントへの取組みが保険者・事業者に求められていることがあるという。

社会保障審議会介護給付費分科会においても、2021年度介護報酬改定に向けてロボットやAI活用に関する協議がなされており、ますますロボットやICTの活用が注目されている。こうした流れを受けて、CDI社ではNDS社の「ほのぼのNEXT」の「在宅ケアマネジメント基本システム」に「AIケアプラン(SOIN)」をエンジンとして実装することで、ケアマネジメントにおいてAIを利用しやすくすることで、高齢者の自立支援の実現への貢献、並びに介護業界における業務の効率化と生産性の向上を目指すとしている。

関連URL

シーディーアイ 「SOIN(そわん)」
シーディーアイ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る