ヴイストン、プレゼンSotaへの組み替えサービスを開始

ヴイストンは21日、主に研究・開発用途に販売しているSotaデベロッパー版を、取り扱いが容易なプレゼンSotaへと変更する「プレゼンSotaへの組み替えサービ ス」を開始すると発表した。

ヴイストンでは、自由度の高い開発が可能な「Sotaデベロッパー版」と、Microsoft Office Power Pointと連動したプレゼンテーションが実行可能な「プレゼンSota」を販売している。

今回開始する「プレゼンSotaへの組み替えサービス」では、Sotaデベロッパー版を所有するユーザーを対象に、Sotaデベロッパー版の機体をプレゼンSotaへと変更する作業を実施する。これにより、プログラミングの知識がないユーザーでも、より手軽にSotaを取り扱うことが可能となる。

本サービスにおいては、プレゼンSotaへのプログラム書き換え費用は無償だが、「プレゼンSotaクラウド」の1年間ライセンス費用(税別3万6000円)を負担する必要がある。

関連URL

ヴイストン

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-26

    RPAとAIの祭典「NTTDATA WinActorラウンジ2020」10月9日開催

    「WinActorラウンジ」は、これまでWinActorユーザーのみに限定開催され、例年2000名以…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る