FRONTEO、AIを用いた新型コロナ研究で約450種の候補化合物に到達

FRONTEOは1日、同社のAIシステム「Cascade Eye」を利用した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の研究で、約450種の候補化合物をリストアップしたと発表した。

同社の創薬支援AIシステム「Cascade Eye」を利用して作成したパスウェイマップ(2020年4月24日発表)を利用して、その中に含まれる分子や遺伝子に関する論文を解析した結果、約450種の既存薬の転用候補が見つかったという。

通常の創薬研究においては、臨床試験を経て承認される確率は約1/30000であるといわれており、「Cascade Eye」を使った候補薬探索が大幅な効率化をもたらすことが示唆された。また、リストアップした450種のうちオートファジー、抗炎症関連化合物など約400種が市販されており、効果や副作用等に関する適正な治験を経たのち、今後のコロナウイルス治療薬としての活用が期待できるという。

感染症パンデミックを制するためには情報分析が必須。同社の提供するマップは包括的な論文分析により、感染症対策を主導する機関における効率的かつスピーディーな治療薬開発を支援することができるという。

関連URL

「COMBAT COVID-19」緊急特設サイト
Cascade Eye
FRONTEO

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    タイムトラベルは可能か!Society 5.0的考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2020-11-30

    goo botmaker、AIチャットボット育成プロジェクト「コエで聞ける!AI/DJ KOO」を開始

    NTTレゾナントが運営するAIチャットボット共創プラットフォーム作成サービス「goo botmake…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…
  2. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  3. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  4. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る