AIで振り込め詐欺を検出、通知するカメラソリューションの実証

ビズライト・テクノロジーは1、JVCケンウッドと共同開発を進めているエッジAIカメラのプロトタイプを活用し、北洋銀行の実店舗において、振り込め詐欺を未然に防ぐソリューション実証を行うと発表した。

本実証において使用するエッジAIカメラは、プライバシーに配慮して映像・録音を一切することなく、エッジAIによるディープラーニング処理を行う(歩容に関するデータは取得せず、解析も行わない)。問題が検出された場合の構内職員への通知は、サブギガ帯を利用したワイヤレスで行うため配線工事が不要。銀行の既存ネットワークも利用しないため、従前のセキュリティレベルを脆弱化させることはないという。

今後は無人のATMコーナーやコンビニエンスストアのATMでの検出、通知について検証を重ねるとともに、構内職員による声がけ方法など現場における防犯施策について検討を進め、本格導入を急ぐ。

2019年のオレオレ詐欺の被害額は111.6億円、還付金詐欺は30.1億円で、1日あたり3882万円にも上る大きな社会問題。こうした社会課題をテクノロジーで解決するための試みとして、本実証では、ATMの前で電話をかけている姿勢を骨格推定で検出し、銀行内の職員にパトランプで通知する。職員が状況に応じて適切な声がけを行うことで、振り込め詐欺を未然に防ぐもの。

関連URL

ビズライト・テクノロジー
JVCケンウッド

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る