Kenneth Research、「医療用ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望」発刊

Kenneth Researchは7日、調査レポート「医療用ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望」を発刊した。レポートは、企業概要、製品種類、販売量、市場規模、メーカー概要、市場シェア、などが含まれている。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれている。

医療用ロボットは、医学用で使用されるロボット。医療ロボットは、患者のケアの全体的なレベルを向上させるために病院の内外で使用される専門サービスロボット。ロボットは、人間よりも効率よく、安く、速く仕事をすることができる。また、医師や看護師が患者を診断するのに役立つ情報を書き起こして保存し、医師や他の熟練労働者の監視が少ない、スキルの低い医療専門家を支援する。また、これらのロボットは、単純な反復作業を実行する自動車製造などの産業や、人間に危険な環境で作業を行わなければならない産業で広く使用されている。

医療ロボット市場の価値は2016年には53.8億米ドルで、2022年までに145.6億米ドルに達すると予測されており、2016年から2022年まで18.1%のCAGRで成長すると予測されるという。医療用ロボット市場の成長は、機械化の進歩、老年人口の増加、および個人の障害の発生の増加によって大幅に加速されている。熟練した医学部の不足、人件費の増加、および医療費の増加により、病院施設からの医療ロボット工学への需要が高まっている。ただし、医療ロボットフレームワークの購入と設立の費用は、特に新興国では、予測期間中の市場の成長を妨げる可能性があるという。

関連URL

レポートのサンプル
調査レポートの詳細

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-26

    RPAとAIの祭典「NTTDATA WinActorラウンジ2020」10月9日開催

    「WinActorラウンジ」は、これまでWinActorユーザーのみに限定開催され、例年2000名以…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る