Kenneth Research、「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」発刊

Kenneth Researchは10日、調査レポート「包装ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」を発刊した。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれている。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれている。

包装ロボットは、製品を正確かつ迅速に配送するためにさまざまな業界で使用されている機械制御の多目的機械。これらのロボットは、一次および二次パッケージングに使用される。これらは、特に、ストレートレイパッケージング、ケースパッケージング、垂直充填などが含まれる。さまざまなペイロードオプションのさまざまなロボットサイズが市場で入手可能。可処分所得の増加と、都市化の成長により、さまざまな業界での包装ロボットの採用が増加している。

グローバル包装ロボット市場は、2016年から2024年まで14.6%のCAGRで2024年までに50億米ドルに達すると予測されている。包装ロボット市場は、主に製造業の成長、パッケージングラインの高度な自動化に対する需要の増加、インテリジェントな近代化の要件によって推進されている。しかし、高額の設備投資は市場プレーヤーにとって大きな課題。包装ロボットによって提供される高精度や低製品損傷などのさまざまな革新的な機能は、今後数年間で多くの新しい消費者を引き付ける。

グローバル包装ロボット市場は、アプリケーション、グリッパーの種類、およびエンドユーザーに基づいて分類される。アプリケーションセグメントは、梱包ロボット、パレタイジングロボット、ピッキングロボットにさらに区分されている。パレタイジングロボットセグメントは、商品の積み下ろしの需要が大きいため、2016年に最大の市場シェアを占めた。

グリッパーの種類によって、爪グリッパー、バキュームグリッパー、クランプグリッパーなどに分割さられる。バキュームグリッパーセグメントは、食品や飲料、段ボールやフィルムのパッケージング、電子機器などのさまざまな業界での二次包装アプリケーションに対するその巨大な需要により、2016年のグリッパータイプセグメント全体で最大の市場シェアを占めた。さらに、エンドユーザーによって、市場は食品および飲料、消費者製品、化粧品およびパーソナルケア、医薬品、追跡、ロジスティクスおよび輸送、化学製品製造、および工業用包装に分割されている。産業用パッケージングセグメントは、化学および電子産業全体にわたる産業用ロボットの需要の増加に牽引されて、2016年の総市場シェアの3分の1以上を占めるエンドユーザーセグメントを支配した。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれている。「包装ロボット市場」というタイトルのレポートは、包装ロボット市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立つという。

関連URL

レポートのサンプル
調査レポートの詳細

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-10-22

    愛知県初、“AI・IoT・ロボット”“ゲーム・CG”分野の専門職大学が「認可」へ

    名古屋国際工科専門職大学は22日、文部科学省の大学設置・学校法人審議会における審議の結果、本学の設置…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る