ハンモック、AIを活用したOCRソフトが地方公共団体で実証実験を開始

ハンモックは16日、OCRソフト「AnyForm OCR」をベースにした「AnyForm AI OCRサービス for LGWAN」が、地方公共団体で実証実験を開始したと発表した。既に複数の団体が実証実験を行っており、本番稼働に向けて技術サポートを提供していくという。

地方公共団体は、様々なサービス提供を行うため、日々大量の書類が発生している。特に窓口業務では多くの書類を取り扱っており、その入力処理の効率化が課題となっていた。その解決策としてOCRは有効的だが、多くの個人情報を扱うため、パブリッククラウド型OCRを利用することができなかったという。

この課題を解決するため、セキュアな閉域網であるLGWANでもAnyForm OCRが利用できるよう「AnyForm AI OCRサービス for LGWAN」をリリースした。AI OCRエンジンを活用するため、申込書などにある手書き日本語文字も高精度に文字認識することができる。

今回、AnyForm AI OCRサービス for LGWAN を提供するにあたり、より多くのユーザーに紹介する機会を得るため新規に販売する「AnyForm AI OCRサービス for LGWAN パートナー」の募集を開始している。

ビジネスパートナーに関する問い合わせフォーム

関連URL

ハンモック

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る