AI顔認証「SAFR)」、なりすまし防止3D顔認証機能を追加

リアルネットワークスは16日、世界最高レベルのAI顔認証エンジン「SAFR」に3Dカメラを用いたなりすまし防止機能を追加したと発表した。

顔認証システムでは写真や、動画などによる「なりすまし認証」が課題の一つ。カメラの前にある顔情報が生きている人間か、写真か、スマートフォンなどで再生された動画かを立体的に3次元判定することで、なりすましを防止できるという。

リアルネットワークスではいくつかのテクノロジーを使いライブネス認証を可能にするという。
・Smile Action - 「笑顔」動作によるLiveness判定
・Pose Liveness Action – 「首振り」動作によるLiveness判定
・3D Liveness Detection – 立体カメラを使用したLiveness判定(SAFR 2.2新機能)
今回SAFR2.2 で新たに機能追加された3D Liveness Detectionでは、インテル社のRealSense Depth Camera (D415, D435, D435i)を用いSAFR Desktop 2.2 for Windows上で顔認証実行時に顔映像が立体か否かを判定し、判定出力する。また認証精度は99.8%と高精度。このような機能は通常高価になるが、市販のインテル社RealSenseを活用することで低価格で安全なソリューションを提供可能にした。

関連URL

リアルネットワークス

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る