クラウドエース、日本のDXを推進するイベント「OPEN DX 2020」開催決定

クラウドエースは24日、旗艦イベント「OPEN DX 2020」開催することを決定したと発表した。

今回のイベントでは、Google Cloud Platform導入の前段となるデジタルトランスフォーメーションを推進することを目的としている。

日本企業が DXを行う上での課題と解決策をSI2.0 に定義し、ユーザー企業もSIerも未来に向けて変わること、そしてその関係性もリデザインすることを目指すという。

SI2.0とは、DX を起こす上での課題と解決策を整理し、今後目指すべきSIを定義したもの。

今までの社会常識や顧客のニーズによって生まれた業界構造が、現在の目まぐるしい変化に対応する上では足枷となってしまっている。ユーザー企業はベンダー依存から脱却し、SIerは多重請負の人月商売から脱却し、それぞれが DX を起こしやすい体質になったとき、両者の関係性も変わっていくはずだと考えているという。

開催概要

開催日時:9月24日10:00~ 30日19:00
開催会場:Webサイト及びEventHub
参加費:無料
想定申込者数:5000名(延べ)

参加申込

関連URL

SI2.0 の詳細 
Google Cloud Platform
クラウドエース 

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society 5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-1-27

    センシンロボティクス、狭小部点検サービス『SENSYN EXPLORER』を提供開始

    設備点検・災害対策・警備監視の領域を中心とする社会インフラDXのリーディングカンパニーを目指すセンシ…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る