グラッド・ソフトウェア、高精度のAI自動翻訳クラウドサービス開始

低コストかつ高品質なシステム開発を手掛けるグラッド・ソフトウェアは28日、最先端AI技術による自動翻訳サービス「AIT1000」β版を提供開始した。

当サービスは、翻訳者の業務効率アップや官公庁・一般法人のあらゆる資料を低価格でスピーディーな翻訳を実現できるという。

「AIT1000」はグローバル社会における「言葉の壁」を乗り越えるツールとして、高精度AI技術を搭載し、自動翻訳・音声エンジンを活用した自動翻訳のクラウドサービス。Webブラウザを利用し、テキストやファイル一括翻訳が可能。高度なエンジン性能と豊富な対訳コ-パスの学習により、様々な分野(汎用)をカバーしており、分野を限定しなくても高い翻訳精度を実現しているという。

さらに、ユ-ザ辞書を充実すると一段と高い翻訳精度を実現できる。特に日本語⇔中国語の翻訳精度が高いのが特徴だという。価格は小規模から利用しやすい低価格で翻訳量に応じた従量制を採用している。

関連URL

「AIT1000」
グラッド・ソフトウェア 

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る