グラッド・ソフトウェア、高精度のAI自動翻訳クラウドサービス開始

低コストかつ高品質なシステム開発を手掛けるグラッド・ソフトウェアは28日、最先端AI技術による自動翻訳サービス「AIT1000」β版を提供開始した。

当サービスは、翻訳者の業務効率アップや官公庁・一般法人のあらゆる資料を低価格でスピーディーな翻訳を実現できるという。

「AIT1000」はグローバル社会における「言葉の壁」を乗り越えるツールとして、高精度AI技術を搭載し、自動翻訳・音声エンジンを活用した自動翻訳のクラウドサービス。Webブラウザを利用し、テキストやファイル一括翻訳が可能。高度なエンジン性能と豊富な対訳コ-パスの学習により、様々な分野(汎用)をカバーしており、分野を限定しなくても高い翻訳精度を実現しているという。

さらに、ユ-ザ辞書を充実すると一段と高い翻訳精度を実現できる。特に日本語⇔中国語の翻訳精度が高いのが特徴だという。価格は小規模から利用しやすい低価格で翻訳量に応じた従量制を採用している。

関連URL

「AIT1000」
グラッド・ソフトウェア 

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-24

    amulapo、VRやAR、AIの技術を用いた「バーチャル宇宙飛行士選抜試験」先行予約を開始

    宇宙の体験をつくる技術集団のamulapo(アミュラポ)は2020年度「いばらき宇宙ビジネス事業化実…
  2. 2021-6-22

    医療相談アプリ「LEBER」、「新型コロナワクチンの副反応」に関する機能提供を開始

    リーバーは22日、医療相談アプリ「LEBER」(リーバー)に「新型コロナワクチンの副反応」を相談する…
  3. 2021-6-21

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX、「HarvestX Lab」設立

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestXは21日、アントレプレナーラボ(東京大学 …
  4. 2021-6-18

    MiR、新しい台車牽引ソリューションを発売 内部輸送の自動化を促進

    自律型モバイルロボット(AMR)で世界市場をリードするモバイル・インダストリアル・ロボット(MiR)…
  5. 2021-6-16

    WHILL、慶應義塾大学病院で自動運転モビリティサービスの実証実験エリアが2階に拡張

    WHILLは16日、慶應義塾大学病院で2020年9月から進めている外来受診の患者を目的地まで自動運転…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る